ご先祖に守られている人の特徴!守ってもらうには何をすべき?

ご先祖様に守られている人の特徴として手相や人相に現れると言われますが、本来は「人は皆、産まれた時から既にご先祖様に守られています。」

では私達は、ご先祖様のご加護をより濃く受けることできるのでしょうか?それは私達の心がけ次第で変わってきます。今回は、ご先祖様からより強く守ってもらうために「私達が心掛けるべきこと」をご紹介します。

ご先祖に守られている人の特徴とは?「4つの習慣を怠らない!」

「人は生まれた時からご先祖様に守られている存在です。」私達はその事を忘れてはいけません。「最近なんだか運が悪いな・・」と感じている方、あなたはご先祖の供養を忘れていませんか?まずは一日に一回ご先祖に感謝をすることから始めましょう。

けれど欲をいうと、私達はご先祖様にさらに強く守られたら安心ですよね。そのためにまずは4つの習慣を生活に取り入れてみましょう。

お部屋や、自分自身を綺麗にしましょう

あなたの普段使っているお部屋や、ご自身の身の回りにいつも清潔に保っていますか?お部屋の空気の入れ替えを習慣づけることは、あなたの気分転換にもなります。

お部屋が散らかっている状態は気が滞ってしまい、あなた自身がマイナスな状況を作り出しています。お部屋が汚いなと思ったらまずは、掃除をしてそして最低でも一日一回の換気を心掛け、新鮮な空気を保つことを意識して下さい。

そしてもしあなたのお家にご先祖様を祀る場所がある場合は、特にそのお部屋を清潔に保ちましょう。そして整理整頓も心掛けて下さい。

また、ご自身の身なりも整えることは、自分自身の健康管理に気を配る事も同じことが言えます。先祖からのご加護を受けるには、私達が日頃から波動を高く持たなければいけません。(波動の高め方を詳しく知りたい方は「波動をあげる方法があるのか?3つの秘訣とは」をご覧下さい。)

気の滞った場所では、ご先祖様からの力を受けにくくなり、ご先祖様の存在を感じることができません。そのため、できる範囲で結構です。身の回り、自分自身の身なりにも「清潔」を心掛けましょう。

人間関係大切にしましょう

あなたは普段から、人間関係を大事に行動をしていますか?ご先祖様からあなたに何か伝えようとしている時は「他人の口を使う」と言われます。

常日頃から上司や先輩、友達からの助言を素直に耳を傾けてみましょう。耳が痛いからといって、聞く耳を持たないのは、あなた自身の成長につながりません。

つまりご先祖様から守られる人はこのことを充分に理解して日頃から人付き合いを大切にし、常に耳をアンテナにして人の助言を素直な気持ちで受け入れています。

感謝することを忘れない

常に人に感謝をする気持ちを忘れずに行動するのは、一見すると簡単な事です。けれど忙しい日々が続くと、つい忘れがちな事だとは思いませんか?先祖から守られる人の特徴は、日々感謝やお祈りする時間を必ず設けています。

ご先祖様だけではなく、自分の周囲への人や身の回りの事にも感謝を忘れていけません。そこで、お祈りする時の事を思い浮かべてみて下さい。そこにはマイナスな感情はまじりません。つまり心にゆとりを持っている証拠。

感謝の気持ちとは「あなたに心の満足」を与えてくれます。こうした日々の行動があなたの波動を高めてくれ、ご先祖さまの影響をより受けることができるのです。

お墓参りを忘れない

「運があまり良くないな・・」とそんな思いを抱いているお方、「あなたはご先祖様の供養はされていますか?」ご先祖さまもやはり、自分を気にかけてくれていると伝わることで、あなたを気に留めてくれます。

ご先祖様の供養もせず、お墓は荒れたい放題になっていれば「運が悪い!」と嘆いても文句は言えません。日本の伝統行事の中にはご先祖様を供養する行事があります。「お彼岸」「お盆」の期間でも構いませんので、お墓参りに行ってみましょう。

ご先祖に守られている人の特徴【先祖供養をかかさない】

ご先祖に守られている人の特徴の一つにお墓参りをかかさないことが挙げられます。近年、お墓参りの習慣そのものが以前に比べて薄れてきています。この機会に日本伝統行事について学びましょう。

日本の伝統行事の中に、ご先祖様を祀る行事があります。それが「お彼岸」と「お盆」です。ではこの2つの行事の違いはご存知でしょうか?

  • <お彼岸>は太陽が真東から昇り、真西に沈みます。仏教の世界ではこのお彼岸の日をご先祖様のいる世界(極楽)と私達のいる世界(此岸)が最も通じやすいといわれています。
お彼岸の期間
春分の日 3月の春分の日前後3日間を合わせた計7日間
秋分の日 9月の秋分の日前後3日間を合わせた計7日間
  • <お盆>は、極楽浄土から戻ってくるご先祖様の霊を家にお迎えして供養する日です。期間は、8月15日を中心に8月13日~16日が一般的です。ただし、お盆に関しては地域によって期間や風習が若干違ってくることがあります。

この2つの期間は特に日本ではお墓参りを大切に考えている期間です。同じ仏教の国インドや中国等は同じ仏教でも「先祖を供養する」という行事はありません。

つまり日本人における「ご先祖様を大切にする」という考えは日本人特有の考えであり、昔から私達は「ご先祖様のおかげで私達が存在する」という考えが意識的に根付いて来た証拠です。

では、お彼岸やお盆にお墓参りができない方はどうしたらいいのでしょうか?「お墓参りをしたい」と感じた時が、「あなたのお墓参りのタイミング」です。明確にいつ行かなければならない、何回行った方がよいなどの決まりはありません。

あなたが亡くなられた故人やご先祖様に会いに行くという気軽な気持ちで構いません。ただその際は、あまり派手な服装や同行者とのおしゃべりのしすぎには気を付けましょう。

では事実問題、お墓参りをすることが物理的に難しいといった問題があります。今はお墓参りに関したサポートも様々です。

私たちは遠いから「お墓まりができず先祖の供養をしない」のではなく、常日頃から「ご先祖様に感謝する気持ち」を持って行動ができればそれは、あなたにとっての「ご先祖様の供養の仕方」になるのではないでしょうか。

ご先祖に守られている人の特徴【成功者の引き寄せの法則を実践している】

ご先祖様に守られてい人の特徴は「成功者の引き寄せの法則」を無意識に実践しています。それは先祖から守られている人の特徴の4つ習慣にあります。

この4つの習慣のメリットは

  • 清潔を保つ事でプラスな空気の流れ作る
  • 人付き合いを円滑にすることで、自身を成長させる
  • 感謝の気持ちを持つことで、心の満足がえられる
  • ご先祖様に守られて家や家業が反映をする

この4つの習慣は実は成功者に共通して行われている行動です。これは自身の波動を高くするための良い要素がたくさんあります。

つまり日本人がご先祖様に感謝をすること自体が「日本人らしさ」でもあり「成功者の秘訣」にもつながっています。

私たちは日常で忙しくなると、周囲がみえなくなり気持ちのが見えなくなりマイナスな言葉を発しがちです。ですが、「ご先祖様に感謝の気持ち」で手を合わせることで自分自身の中にある邪念などのマイナス思考がリセットされ、気持ちにゆとりが出てくるのではないでしょうか。

つまり「ご先祖様を供養する」という日本人特有文化は、いったん私達にニュートラルな思考に戻すためでもあり、そして私達をプラスの方向に向かわせる手段でもあるのです。

ご先祖様に守られることばかり意識してご利益がばかり追及するのではなく、ご先祖様を供養することで、私達は恩恵を授かっていることを忘れず行動していきましょう。