徳を積むとは?徳を積む方法と陰徳の効果

徳を積むという言葉を聞いたことがありますか。高齢の方が言いそうな言葉かな?程度の知識かもしれません。ですが、徳を積むとあなたに幸運で幸福な人生が訪れるとしたらどうでしょうか。この記事を一読するだけならそんなに時間はかかりません。ぜひあなたもラッキーな人生を手にして下さい。

徳を積むとは

徳を積むという言葉は、元々仏教用語でした。良いことをすると、自分にも良い報いが返ってくるという意味です。仏教では、善行をすると来世において恵まれた転生をすることができると考えられてきました。

「因果応報(いんがおうほう)」という言葉があります。現在の幸・不幸は、あなたの過去生の生き方が報われてあるのだという仏教の基本理念です。

そして、現代では良いことをすれば良いことが、悪いことをすれば悪いことが起こる…と言われています。徳は手軽に積むことができますので、それだけで日々の生活がプラスに導かれるとしたら、見過ごせない情報です。

徳には2種類「陽徳(ようとく)」と「陰徳(いんとく)」があります。陽徳は、自分のした善徳が他人に知られてしまう状況を指します。徳はすべて良いことなのですが、人に知られずに密かに行なうことの方が、より尊い徳を積むことができると言われています。これを「陰徳」と言います。

ですので、できたら陰徳をたくさん積み上げましょう。そして自分の人生にラッキーな運を呼び寄せていくことをおすすめします。

徳を積む方法5選

徳を積むには、どのような行いをするのが正しいのでしょうか。今日から実践できる徳を積む方法5つをご紹介します。

良い言葉を使う

人に対してポジティブな言葉を用いることで、あなたは徳を積むことができます。前向きな励まし、誉め言葉や感謝などを伝えると、相手は幸せになります。それは善行であり、あなたの徳となります。

このとき大切なことは、ウソや上っ面の美辞麗句を与えるのではなく、心のこもった良い言葉を相手に伝えることです。詳しく後述しますが、人に対して思いやりを持つことも徳を積むことです。ですから誰かに言葉をかけてあげるときには、他人の気持ちをおもんばかり、相手にあなたの真の優しさや誠意を伝えることが大事です。

礼儀正しい態度

人に対して礼儀正しい態度をとることも、徳を積むことにつながります。まずは照れずに身近な人へ礼を尽くしましょう。

笑顔を絶やさない

徳を積む3番目の方法は、笑顔を絶やさないことです。あなたが自分の人生に満足をして、幸せであるという認識がなければ、本当の笑顔は出てきません。他人を妬んだり、自分の不幸を呪っていたりする人は本当の笑顔を発信することができません。

他人はあなたの真実の笑顔から、あなたの持つ幸せや思いやりを分けてもらうような気持ちになるため、嬉しい心持がするのです。

そしてそれは他人への善行にもなり、あなたの徳を積むことになります。

思いやりの心を持つ

前述したとおり、人を思いやることは徳を積むことになります。大切なことは、偽善であってはいけないということです。相手に自分の気持ちを一方的に押しつけたり、他人を思うように動かそうと画策したりすると、善行は偽善にしかなりません。

人へは見返りを求めずに親切にしましょう。困っている人を手助けしてあげるときも同様です。ささやかな好意で良いので、息をするように自然で温かな態度が取れるようになると、徳を積むことができます。

掃除や寄付を行う

前項までは主に精神的な心掛けをおすすめしました。この項目では具体的で簡単な徳の積み方をお話します。

1つには掃除をすることです。自分の家に限らず、町のボランティア清掃も良いでしょう。お寺でも掃除は大切な修行とされており、清掃を通じて心を磨くことができると考えられています。

もう1つは、困っている方へ募金や寄付をすることです。無理をする必要はありません。わずかでも自分の善意をお金に乗せて、他者へ届けることができたら素晴らしいことです。

徳を積む効果

徳を積んだ人は、徳の貯蓄をしたとも言えるでしょう。徳の貯蓄をしていくと、やがて「徳の高い人」となっていきます。徳の高い人の元へは、たくさんの幸運や幸福が戻ってきます。

お店で買い物をするように自分でその幸運の内容を選ぶことはできませんが、絶妙のタイミングで都合の良いことが起こったり、思いもかけない良い人との出会いに恵まれたりします。それは結果的にあなたの願望に繋がっていきます。

スピリチュアル的に言うと徳を積むことであなたの魂のレベルもアップします。魂のレベルが上がると、魂から発せられる「魂の波動」も成長します。するとその高い波動が、さらに高い波動を持つ人や運を引き寄せます。徳を積むことは良いことずくめです。

最初のうちは、徳を積む…特に「陰徳を積む」ことが大変であるように思うでしょう。それは良いことをしても思ったような幸運がやってこないように感じるからです。「こんなに努力をしているのに…」と自分の心がけをむなしく思うことすらあるかもしれません。

ですが、良い報いを期待せずに良い行いを続けましょう。やがて自分の周囲の人間関係や、様々なことが恵まれてくるのを実感する日が必ずやってきます。

徳を積んだあなたは人間的も魅力を増します。誰もが引き寄せられる人へと変わります。そしてあなたの人生がすべて、プラスの方向へと変化していきます。

徳を積むことは幸運を引き寄せる日本の知恵

お読み頂いたように「徳を積む」という言葉は、元々仏教の考えから来ていますから古来よりの日本の考え方と言えます。

徳を積むことは道徳的・精神的に良いばかりでなく、あなたの人生に具体的にラッキーなことが起こるのですから、今日からでもぜひ実践していただきたいです。

徳を積むことは古臭い迷信ではなく、現代にも役に立つ運命改善法です。